SUSTAINABILITY

OUR MISSION

タベルモの理念

食の未来とタンパク質危機の解決に向けて

私たちは、地球環境と共に持続しうるフードテクノロジーの革新を続け、すぐれた栄養を持つ「藻」という資源を栽培し、「藻を食べる文化」を育てます。

人口増加や新興国の食生活の変化によって懸念される食糧危機・たんぱく質危機を、限られた面積で水と太陽とわずかなミネラルがあれば育つ「藻」を供給することで解決し、持続的に地球上の全ての生命の健康と調和に貢献することを目指しています。

MESSAGE

株式会社タベルモは、Health, Harmony, Happy, を3Hとしてビジョンに掲げ、その実現に藻食文化こそが礎になると確信して歩みを進めています。SDGsの目標のひとつとして「すべての人に健康と福祉を」が掲げられているように、健康であることが個々人の幸せと生活の持続性に直結するテーマです。昨今では、新型コロナウイルスの猛威によって、健康への意識がなおさら世界中で高まっています。健康のために最初に省みるのは日々の食事なのではないでしょうか。実際、私たちが1万人程に実施した調査でも、日々の食事で健康を維持したい、というニーズが最も高いということが分かっています。私たちは、生活者のこの願いに栄養豊富な「食べる藻」で寄り添いたいと考えています。

世界人口は増加の一途をたどり、2050年には100億人と推定されています。現代では、とうもろこし、小麦、米、大豆が主要な大規模農作物であり、家畜の餌も含めて世界の食を支えていますが、現在の農業生産量と肉食中心の生活習慣では、100億人の食事と健康を支えることは困難です。特に家畜からの摂取が多い栄養素、たんぱく質は2030年ごろから不足すると予測しています。「たんぱく質クライシス」と呼べるこのような状況では健康もままなりません。

私たちタベルモは、クロレラ、ユーグレナなどがある多種の藻の中で、スピルリナを選定いたしました。長い食経験、太陽光での屋外大規模栽培のしやすさ、収穫の容易さ、栄養素の多さ、たんぱく質含有量が70%と、いずれもが、他の藻や農作物より格段に優れているためです。私たちの技術で生産できるスピルリナたんぱく質は、同じ面積で大豆の20倍、牛の300倍にも及びます。私たちは、2030年のたんぱく質クライシスに向け新たな農作物として光合成栽培から食品加工まで一気通貫でスピルリナ製品を提案していきます。

Harmonyの言葉には自然との調和、持続可能な人間活動を目指す思いを込めています。2019年の台風19号では住まい近くの多摩川が氾濫し、私自身も怖い体験しました。故郷の福島県も水害に見舞われました。人間の様々な活動が大小影響を与え、気候変動が想定外の自然災害となり襲いかかっています。解決策の一つとして温室効果ガスを減らす取り組みがこれまで以上に必要です。二酸化炭素を吸収する藻の効率的な光合成栽培を広げることで、排出量全体の20%を占める農業における二酸化炭素の排出を減らすことに繋がります。

気候変動、とりわけ温暖化によってこれまでその土地で育ってきた作物も育たなくなる可能性も予想されます。その時、農地を増やすために森林伐採をすれば、さらに二酸化炭素排出量が増え、そこに生きる生き物の生息域も奪います。藻の栽培は土を使わないため、これまで農地とされてきた肥沃な大地ではなく、砂漠のような場所で農地を純増させることが可能です。また、水資源も、土を使わないためしみ込んで無駄になることなく、閉鎖型のバッグの中で栽培するため蒸発することなく利用でき、大豆栽培の4分の1ほどの水で同じだけのたんぱく質を生産できます。

これらのマクロな、しかし身近な危機感と植物性製品群の増加が個人の消費行動にも変化をもたらしています。ベジタリアン、ビーガンといった方だけで消費されてきた植物性たんぱく質も、モックミートと呼ばれる代替肉製品に代表される植物性食品の登場により、ライトなユーザーも巻き込み、市場が急拡大しています。

私たちは、このような社会状況、市場環境の中で、社会課題解決のやりがいと、新たな市場の創出というビジネスチャンスを見出し、バイオテクノロジーの専門家を背景とした独自の栽培技術や生食できる加工技術を磨いてきました。そして2020年4月には東南アジアのブルネイ国に竣工した自社工場から、新たなスピルリナ製品を日本国内で発売するに至りました。今後、食卓に並ぶようなより身近な商品の開発と展開を通し、皆様のHealth, Harmony, Happyに貢献していきます。

佐々木俊弥 Ph.D.
代表取締役CTO

藻類たんぱく質サプライヤーを目指して

たんぱく質危機の克服に向けて、国内外で昆虫食やエッグフリーのマヨネーズ、植物ベースの疑似肉でハンバーガーを作るベンチャー群が巨額の投資を集め、開発が進められています。
タベルモは、生スピルリナの普及によって藻類でたんぱく質を補うという食文化を定着させ、スピルリナを汎用たんぱく質として安価に大量に作れる技術開発により、21世紀の藻類メジャーになるべく研究開発に全力を注いでいます。